【LifeTogether】ブログ
様々な事情でお墓を持てない。持ちたくない人がいる。経済的な理由、宗教観の多様化、自由で多様な選択肢を持ちたい、お墓を通じた複雑な人間関係は避けたい。そんな時代背景に直面し、自分たちが出来るサービスを深く自分たちに問い、お墓でなくても手元供養という方法で、故人様としっかり永く寄り添えると確信するに至り
2017-09-30 故人の遺志 散骨  LifeTogether
生前に散骨を強く希望されていたとしても、親族の同意が
なければ、なかなか実現できません。

死後に自分の意思を実現する為には、生前のうちに準備が
必要です。

まず【エンディングノート(※1)】を作ることからはじめる方が多いようです。

【エンディングノート(※1)】
遺言書と違い、法的拘束力はありませんが、自分の意思を
伝えることができます。



より確実性を上げるには、【公正証書遺言(※2)】を作成することを
お勧めします。

【公正証書遺言(※2)】
法的拘束力がありますので、散骨が実行される可能性が高まります。



全ての遺骨を散骨してしまうと、何も残らない為、
残されたご遺族の方は不安を感じられるかもしれません。
ご遺骨を一部手元に残しておく【手元供養】と組み合わせをお勧めします。





【LifeTogether】19,800円の手元供養のサポートサービス 海 散骨
https://life-together.com/